【帝王切開体験談①】予定帝王切開のスケジュールと、入院当日(手術前日)の流れ

スケジュール




私は子宮筋腫の手術歴があるため、出産は帝王切開一択でした。

出産前は「帝王切開での出産ってどんな感じ?」「どれくらい痛いの?」と、不安は尽きませんでした。

これから何回かに分けて、帝王切開の手術や術後のことを書いていきたいと思います。

 

予定帝王切開の場合のスケジュール

妊娠した時から帝王切開が決まっていたので、妊娠6か月の頃に手術日が決まりました。病院によると思いますが、私の場合は38週での出産になりました。

20週の妊婦健診の時に「いつにしますか?」と突然聞かれ、適当に決めてしまいましたが、よく考えたら「手術日=誕生日」なので、できれば事前に考えておきたかったですね^^;

予定帝王切開の場合、手術予定日まで何もなければ良いのですが、もしその前に陣痛や破水が来てしまった場合は、すぐに病院に連絡して緊急帝王切開になります。

妊娠9か月ぐらいから「もし先に陣痛が来ちゃったらどうしよう」と不安だったので、検診の時に先生に聞いてみたのですが、緊急でも予定でもやることはそんなに変わらないと言われました^^;

それに、自然分娩の方なんて本当にいつ出産になるかわからないので、陣痛の間隔が短くなってきたら電話して、指示にしたがって病院に行くのと同じことですよね…。

ですがその心配は杞憂に終わり、何事もなく入院当日を迎えました。

 

入院当日の流れ

帝王切開前日の14時に入院しました。

(ちなみに、夫婦二人でゆっくりとランチできる最後の機会だと思って、入院前に近所のイタリアンで食事しました^^)

個室か大部屋かを選択できるのですが、迷わず個室を選びました。

以前子宮筋腫の手術で入院した時と同じで、麻酔科の先生の診察、執刀医の先生のお話、栄養士さんのお話。

それから、前回の手術で手術室担当だった看護師さんが挨拶に来てくれたり、NST(赤ちゃんの心拍やお腹の張り具合をチェックする検査)も行いました。

術前検査もその日に行い、心電図とレントゲン撮影がありました。(レントゲンはちょっとびっくりですね)

帝王切開は縦に切るか横に切るか

帝王切開って、縦に切る場合と横に切る場合がありますよね。驚いたことに、どちらが良いか選ばせてくれました!

(その病院では、緊急帝王切開の場合は縦と決まっているそうです)

傷跡が目立ちにくいのは横なのですが、横の方が少し大きく切るそうです。縦だと握りこぶしぐらいの切開ということで、そんな小さな傷でも赤ちゃんが出せるんだなぁと驚きました。

あと、横だと少しだけ手術時間が長くなるとのこと。(といっても2~3分)

どちらの方が痛いとかはないそうです^^;

という訳で私は傷口が目立たない「横」を選択しました。

 

前日の食事制限は特に無し

入院当日(手術前日)は、晩ご飯は普通の入院食でした。

子宮筋腫の手術の時は流動食みたいなものだったのですが、それは全身麻酔だからだったみたいです。

0時以降絶食とのことでしたが、22時消灯なのであまり関係ないですね。

入院していた部屋がナースステーションの近くだったので、一晩中ずっと賑やかで、あまり眠れませんでした。

夜中に忙しいのは産科病棟ならではでしょうか。

ナースコールの音。

看護師さんや助産師さんがバタバタと歩いたり走ったりする音。

深夜に出産を終えて?病室へと移動してきた産婦さん。

何かのモニターの音。(なぜか機械が廊下に置かれている)

緊張はしていなかったのですが、ようやく眠りにつけたのは3時頃でした。

続きはこちら⇒【帝王切開体験談②】手術当日のこと。麻酔や手術の様子、術後の痛みは?

にほんブログ村 マタニティーブログへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳妊娠中の海です。3年間の不妊治療を経てようやく第一子妊娠…!しかし喜ぶ間もなく「つわり」でかなり苦しみました…。 このブログでは、つわり体験談や少しでもつわりを楽にする方法、マタニティグッズや妊娠準備などについて書いていきます^^ →詳しいプロフィールはこちら