【帝王切開体験談⑥】産後4日目。看護師さんが天使に見える!

天使




帝王切開での産後4日目の体験談です。

痛みが少しマシになってきた?

傷は相変わらず痛いのですが、少しはマシになってきた気がします。

一番つらいのはベッドから起き上がる時なので、寝る時もベッドは完全にフラットにせず、少し角度をつけておくようにしました。

疲れは取れにくいかもしれませんが、フラットにしてしまうと起き上がる時の痛さが半端じゃないので^^;

まだまだ鎮痛剤が手放せませんでした。

鎮痛剤は、毎食後にロキソニンを飲んでいますが、それだけだと夜中に効果が切れてしまいます。そうすると夜中のお世話がつらいので、「コカール」という別の鎮痛剤ももらうようにしていました。

種類が違うので、追加で飲んでも大丈夫とのことでした。

 

看護師さんが天使に見える

入院中、私と赤ちゃんを担当してくれる方は毎日代わり、日勤と夜勤でも変わります。

入院して最初の頃は違いに気づいていなかったのですが、助産師さんの時と看護師さんの時がありました。

ほぼ助産師さんだったのですが、この日の日勤は看護師さんが担当でした。

看護師さん…優しいT_T

私の体調のことを気にかけてくれます。。。

着替えとタオルの替えも持ってきてくれたし!(←いやこれ普通なんですけど、助産師さん担当の時は替えが無いこともしばしば。病衣とタオルの料金払ってるので言えば良かったんですけどね)

食事が下膳の時間に間に合わない時は、自分で下げに行かないといけなくて、この日も自分で下げに行ったのですが、途中で担当の看護師さんが気づいてくれて「いいですよ、やりますよ」と持って行ってくれたり><

あと、この日は赤ちゃんの検査があったのですが、赤ちゃんを迎えに来てくれた新生児科の看護師さんも優しかったです!

部屋に来た時に私がベッドの柵につかまって起き上がろうとしたら、「そのままで大丈夫ですよ!痛いですよね~><」と言ってくれて…!!!

入院してからそんな風に扱ってもらえたことがなかったので、泣きそうになりました^^;

看護師さんが天使に見えました。

 

入院中のお見舞いは極力避けた方が良いかも

「退院したら休めないから、入院中に休んでおいた方がいいよー」なんて話を聞いたことがありますが、私の場合はむしろ入院中の方が休めなくて大変でした。

入院5日目ともなって、ようやく入院生活にも慣れてきたかなーと思ったのですが、夜は赤ちゃんがよく泣いて寝れないので昼間のうちに寝ておこうと思っても、昼は昼で寝れませんでした><

昼間は入れ代わり立ち代わり色んな人がやってきます。

毎朝検温&血圧測定から始まり、部屋の掃除、ゴミの回収、赤ちゃんの体重測定、事務の方とか、日によって用件は異なりますがとにかく毎日何人もの人が来ます。

もちろん赤ちゃんのオムツ替えや授乳、自分の食事もあるので、寝るタイミングがありません^^;

なので、体力を回復させるためにも、お見舞いの方はできるだけ少ない方が良いのかなと思いました。

私の場合、来てくれるのは義両親だけでしたが、申し訳ないけどお断りした日もありましたね><

あ、もちろん夫は来ますが、お見舞いじゃなくて「一緒に育児をする人」です^^

 

総合病院だけどお祝い膳がありました

よく、産院だと「豪華なお祝い膳」を売りにしているところがありますよね。

私もそういうのに憧れていましたが、地方なので通える範囲の病産院が少ないのと、予定帝王切開だったので近場の総合病院しか選べませんでした。

なので「お祝い膳」は無いと思っていたのですが、産後4日目の夕食はお祝い膳でした!^^

1人で食べるのは寂しいと思ったので、夫も会社帰りにお弁当を買ってきて、病室で一緒に食べました。

豪華な…と言う訳ではなかったですが、普通に美味しかったです^^

入院中の食事は母乳に配慮してあっさりしていましたが、この時は久々に揚げ物を食べました。

 

入院中の辛さを夫と共有できたのが良かった

このお祝い膳の時に、ちょうど授乳の時間と重なりました^^;

おっぱいの後にあげるミルクが無かったので、ナースコールを押してミルクをお願いしたのですが、これまでの経験から「どうせすぐには来ないだろう」と思ってお祝い膳を食べ始めました。

案の定30分経っても来ませんでしたが、別件でたまたま来た助産師さんにお願いして、持ってきてもらいました。

そしてミルクを飲ませる前の授乳を始めたのですが、赤ちゃんがブリブリっとウンチ^^;

夫にオムツ交換をお願いしたところ、モレて肌着が汚れてしまっていました。

それで夫が着替えさせようとしたのですが、病院の肌着って生地が厚くてサイズもかなり大きいので、着替えが上手くいかなくて…。

赤ちゃんも泣いているし、早く着せてあげないと寒いかと思って、軽くパニックになりながらナースコールを押してヘルプを要請しました。

その後なんだかんだで着替えさせることができたのですが、ヘルプは結局来てくれませんでした。

(後で聞いたら、緊急カイザーで忙しかったらしいです。そんな時に着替えごときで行ってられないよねー…って今(産後4ヶ月)なら思いますが、当時の私たちは必死でした。)

赤ちゃんがギャン泣きの中、初めてのこと・慣れないことでてんやわんやしてるのに、ナースコールを押しても来てくれなくて一人で格闘する。

これ、私にとってはもう「いつものこと」になっていましたが、この時は夫も「え、いつもこんな感じなの?これはツライね…」と^^;

入院中の辛さを共有できたので、良い経験になりました。

帝王切開体験談⑦に続きます。

にほんブログ村 マタニティーブログへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳妊娠中の海です。3年間の不妊治療を経てようやく第一子妊娠…!しかし喜ぶ間もなく「つわり」でかなり苦しみました…。 このブログでは、つわり体験談や少しでもつわりを楽にする方法、マタニティグッズや妊娠準備などについて書いていきます^^ →詳しいプロフィールはこちら