【体験談】帝王切開と腹腔鏡手術、どちらが痛かったか?

手術




かなり久々の投稿になってしまいました^^;
子どもが保育園に通い始めて少し余裕がでてきたので、またブログを書いていこうと思います。

私は子宮筋腫(粘膜下筋腫)が不妊の原因となっていたので、数年前に腹腔鏡で子宮筋腫を取る手術を受けました。

腹腔鏡手術(ラパロ)は体への負担が少ないとされていますが、手術後の痛みは相当なものでした。

手術終了から翌朝までがキツかったですね。

とにかく痛くて寝返りも打てないし、つい呻き声が漏れてしまうほどでした。

その後無事に妊娠しましたが、子宮の手術を受けていたため、出産は帝王切開一択でした。

腹腔鏡手術ですらあれだけ痛いのだから、お腹を切る帝王切開はもっと痛いのでは!!???

と、かなり恐怖でした…

出産前にネットで検索しまくったのですが、両方経験した人の体験談が出てこず。

そこで、このブログに「腹腔鏡手術と帝王切開どっちが痛かったか?」を書いておこうと思います。

 

結論:腹腔鏡手術の方が痛かった!

いきなり結論ですが、私の場合は腹腔鏡手術の方が痛かったです^^;

以下、要因を挙げます。

要因1:予定帝王切開だったこと

予定帝王切開でしたし、予定日前に陣痛が来てしまうこともありませんでした。

そのため準備をする時間がきちんと取れたのが良かったと思います。

要因2:帝王切開は硬膜外麻酔を使用してもらえたこと

私が出産した病院では、帝王切開は腰椎麻酔と硬膜外麻酔でした。

手術前に腰にチューブを通し、そこから麻酔を入れます。

腰椎麻酔は手術中の痛みを取る麻酔で、手術が終わったら使いません。一方硬膜外麻酔は、手術後もしばらく注入し続けてくれるので、術後の痛みを取ることができます。

同じ帝王切開でも、緊急だと硬膜外麻酔無しになる場合もあるそうです。

また、病院によっては硬膜外麻酔をしない方針の病院もあります。

帝王切開で出産される方は、可能な限り硬膜外麻酔をやってくれる病院がいいと思います。。。

「帝王切開直後、めちゃめちゃ痛かった!!!ToT」

という方は、この硬膜外麻酔がなかったパターンの方が多いのではないでしょうか。

ちなみに、硬膜外麻酔があっても痛くないわけではないのですが^^;

手術の痛みだけではなく、後陣痛の痛みもありますからね><

でも硬膜外麻酔があると無いでは全く違います。

腹腔鏡手術の時は、全身麻酔で手術を受け、それが終わったら痛み止めの点滴のみでした。

そのため、手術直後はキツかったです。(痛み止めの点滴を増やしてもらって少し良くなりましたが、それでも一晩はキツかった!!)

一方硬膜外麻酔アリの帝王切開は、手術の二日後まで麻酔が入っているので、その間に傷が多少回復しているのだろうと思います。

硬膜外麻酔を外したあとは…痛いですToT

それでも、腹腔鏡手術直後のような「思わずうめき声が漏れるほどの痛み」を経験することはありませんでした。

要因3:麻酔や鎮痛剤が効きやすい体質だったこと

私は麻酔や鎮痛剤が効きやすい体質のようでした。

時々「帝王切開の時に麻酔が効かなかった」という話を聞きます。意識も痛みもある中でお腹を切られる…恐ろしすぎますよね…

それを不安に思い事前に相談していました。

でも実際腰椎麻酔を入れたらよく効いて、むしろちょっと効きすぎぐらいになっていました。(胸の上まで感覚がなくなっていた)

そのため、手術後も硬膜外麻酔がよく効いて、手術直後は思ったほど痛くなくて拍子抜けしました。

でも麻酔が効きにくい体質であれば、麻酔を使っても痛みがある方もいると思います。

硬膜外麻酔が外れたあとは相当痛かったですが、それでも鎮痛剤が効きやすい体質だからか、薬が効いている間はじっとしていれば大丈夫でした。

 

術後の痛みが薄れる時期の違い

腹腔鏡手術は手術当日~翌朝までは相当な痛みでしたが、そこからはどんどん回復していきました。

腹腔鏡手術はおへそ+3か所に穴をあけたのですが、お腹の右下の痛みは長く続きましたね。

手術の2日後に退院する時は、痛くて車に乗り込むのもやっとでした。(腹腔鏡は入院期間が短いのが特徴ですが、さすがにまだ痛い…)

帰宅してからも、ベッドに横になったり起き上がる時は痛かったです。

一方帝王切開は、出産の5日後に退院する時には、すでにそれほど痛くなくなっていました。車に乗るのに苦労するようなこともありませんでした。

赤ちゃんのお世話で自分の痛みには気づきにくかったせいもあるかもしれませんが、帝王切開の方が痛みがなくなるのが早かったように感じます。

 

帝王切開でつらいのは、開腹手術直後なのに病人扱いしてもらえないところ

あくまでの私個人の体験談ですが、私の場合は腹腔鏡手術の方が痛かったという印象です。

ただし、腹腔鏡手術の時は「術後の病人」として過ごすことができましたが、帝王切開の場合は違うのですよね…

開腹手術を受けたばかりなのに病人扱いはしてもらえず、赤ちゃんのお世話が始まります。

まだ2~3kgの小さな赤ちゃんですが、お腹が痛くて抱っこするだけでも大変です。

産科病棟の助産師さんは、婦人科病棟の看護師さんのように接してはくれませんでした 笑。

産後なんだから痛いのは当たり前!という感じで^^;

そうなんですけど、内心は「こちとらお腹切った直後なんだぞ!」でした 笑

というわけで、

「腹腔鏡手術がかなり痛かったので、帝王切開はもっと痛いのではと不安で仕方がない」

という方がいらっしゃったら、参考になればと思います^^

帝王切開の体験談はこちら
【帝王切開体験談①】予定帝王切開のスケジュールと、入院当日(手術前日)の流れ

腹腔鏡手術の体験談はこちら
[子宮筋腫の手術]手術当日のレポート ~手術までの流れと術後の痛みについて~

にほんブログ村 マタニティーブログへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

海(うみ・30代後半)です。3年間の不妊治療を経てようやく第一子妊娠…!しかし喜ぶ間もなく「つわり」でかなり苦しみました…。 つわり体験談やつわりを少しでも軽く方法の他、帝王切開体験談、夫の育休(3か月)体験談などを書いています。 →詳しいプロフィールはこちら