【つわり体験記①】つわりはいつから始まるの?5週で始まった私のケース

コウノトリ




つわりはいつから始まるのでしょうか?

早い人では生理予定日前から、一般的には妊娠5~6週から始まるそうです。

生理予定日=4週0日ですから、生理が遅れて1~2週間といったところですね。個人差があるので、もっと後から始まる人もいます。

私の場合は、生理予定日以降なんとなく胃がムカムカすることはありましたが、元々胃腸が弱いので、そのせいだと思っていました。

しかし、ハッキリと「これはつわりだ!」とわかったのは、ちょうど病院で胎嚢が確認できた日。5週4日でした。

つわりがどのように始まったのか?そしてどのように症状が悪化していったのか…

思い出すだけでも気持ち悪くなりそうなのですが、私自身つわりまっただ中にいた時に、つわりについて書かれているブログやサイトを読みあさって励まされたので、私のつわり体験についても綴ってみたいと思います。

 

妊娠前のつわりに対するイメージ

私は妊娠するまで3年間の不妊治療をしていました。

※妊活・不妊治療中に書いていたブログはこちら
漢方で妊活!

子どもが欲しいのになかなかできないって、精神的にかなり辛いんですよね…。

だから、もしも妊娠することができたら相当な幸福感に包まれ、つわりとか陣痛とか、どんな辛いことにも耐えられる、むしろ「幸せ」の方が余裕で勝るものだと思っていました。

ところがいざ自分が妊娠し、つわりを経験してみると、とてもじゃないけど「つわりは辛いけど妊娠できて幸せ!」なんていう気分にはなれませんでした><

つらい

もちろん嬉しいは嬉しいのですが…。

つわりには個人差があるので、「つわりなんて大したことない!」という人もいるのですが、逆につわりが重くて「妊娠を素直に喜べない…」という人もいて当然だと感じました。

ですから、今つわりが辛くて苦しんでいる方は「せっかく赤ちゃんを授かったのにつわりがツラくて喜べないなんて、母親失格なんだろうか…」と、自分を責めないで欲しいなぁと思います!

つわりは私にとって「生き地獄」とも言えるほどの苦しみでした。そんなつわりは、このように始まりました。。。

妊娠4週:つわりの初期症状?それとも単なる胃もたれ?

生理予定日の3日後くらいから、朝になんとなく胃がムカムカする症状が出始めました。

でも、私はもともと胃腸が弱くて、逆流性食道炎もあります。もともとの胃の不調のせいなのか、つわりが始まったのか、全くわかりませんでした。

それよりもこの頃は、強い下腹部痛+少量の出血(ピンクのおりもの)が続いていたので、そちらの方が不安でしたね><

下腹部痛がかなりのもので、それで動けなくなったり、ちょっと痛くなってきたから安静にしていようと思って横になって過ごすことが多かったです。

ちなみにこの時、妊娠検査薬で陽性が出てから初めて病院に行きました。まだエコーでは診てもらえなくて、血液検査のみ。

血中hCGは「872.4」でした。妊娠するとこのhCGというホルモンが分泌されて妊娠がわかるのですが、hCGが吐き気を誘発すると言われています。

hCGのピークは妊娠8~12週。ここからこの数値がどんどん増えていくと…恐。

この頃はまだ普通に料理や掃除、食事ができていました。

しかし…

妊娠5週:つわりによる吐き気の始まり

妊娠5週、やはり午前中に吐き気を感じることが多くなってきました。

5週4日で胎嚢確認ができたのですが、その日の夜にハッキリと吐き気を感じ、「これはつわりかもしれないな」と認識。

でもまだ食欲はあって、テレビを見ていて美味しそうなものが映っていると「これ食べたい!」と思えましたし、ステーキとかお寿司が食べたくなって、回転寿司にも行けました。

ただ妊娠中は生ものは控えた方が良いということで、お寿司はほとんど食べず、納豆巻きや茶わん蒸しなどを中心にでしたが^^;

「つわりの時は空腹になると吐き気が出るので、ちょこちょこ何か食べていた方が良い」という情報を入手し、スーパーでカロリーメイトや調理せずにちょっとつまめるような食料品を買ったりしました。

妊娠6週:本格的なつわり到来!しかしまだピークではなかった…

吐きづわりが始まる

本格的なつわりが到来したのは、忘れもしない6週2日。

強烈な吐き気が…!!!!!

夫は泊りがけで仕事に行っていて、私は一人で家で寝ている時でした。トイレで嘔吐したのですが、胃酸が強いのか喉がかなり痛い><

しかも呼吸がうまくできなくて窒息しそうになりました…!

パニックになりかけましたが、落ち着いて鼻で呼吸をして、なんとかおさまりました><

この時にハッキリと「これがつわりか…!!」と認識しましたが、まだこの頃は吐けば吐き気はおさまりましたし、食事をすれば多少は元気になっていました。

とは言っても、食べられる種類や量はだいぶ限られてきていましたねー。

においづわりも始まる

6週の時に、胎児の心拍確認のために病院へ行った日がありました。

これまで電車で通っていたので、この日も電車で病院へ。夫がたまたま休みの日だったので一緒に行ってもらいました。

駅まで歩いていくのがつらいので、駅の近くまで車で行ったのは良かったのですが、電車に乗るためにホームへ行くと、とにかくニオイが気になります。

マスクをしていたにも関わらず、近くにいた女性の香水?化粧?の匂いで吐き気をもよおしてしまい、逃げ出しました^^;

今まで普通に生活をしていて、そんなにニオイが気になることはなかったのですが、世の中こんなにも色んなニオイに溢れているんだなぁと驚きましたね。

脱水症状を指摘される

それでもなんとか無事病院にたどりつくことができました。

「吐き気で簡単なものしか食べることができていない」と伝えると、尿検査をやってくれました。

エコーの結果、無事に赤ちゃんの心拍が確認できたのですが、正直気持ち悪くて感動どころではありませんでした><

これだけ吐き気があるなら赤ちゃんは無事だろうなぁという予感はありましたしね。(本当は、つわりがあるからと言って赤ちゃんは無事とは限らないそうですが…)

そして尿検査の結果、「栄養は大丈夫だけど、脱水ですね」と言われました。

栄養は大丈夫ということは、栄養失調を示す「ケトン体」は検出されなかったようですが、まだ吐きづわりが始まったばかりでしたしね。

水分は頑張って摂っていたつもりだったのですが、それでも脱水になってしまっていました。先生はニッコリ笑って「もっと水分摂ってください」と言うだけで、点滴はなし><

この頃はまだ不妊治療専門のクリニックに通っていましたが、そういうところではつわりに対するケアはやってくれないのでしょうか…?

受付から会計まで2時間ほどでしたが、なんとか吐かずに耐えきりました^^;

心拍が確認できた安心感もあり、エコーのあとはちょっと元気にもなりましたが、帰りの電車は行きより混んでいたこともあり、電車の中でぐったり。

幸い優先席に座ることができたので助かりましたが、もう電車で出かけるのは無理だなと悟りました。

その後、つわりはどんどん悪化して行きました。この頃の嘔吐回数は1日2回くらい。

バナナを食べても吐くし、水や麦茶は気持ち悪くて飲みづらいので、イオンウォーター(ポカリスエットよりもっと味が薄いやつ)を飲んでみましたが、それでも吐いてしまったり。

とにかく1日中気持ち悪くて、食べても食べなくても吐き気がする日々が始まりました…。

続きはこちら:

【つわり体験記②】妊娠7週でストレスMAXに。つわりの時こそ食べ物が大事?

2017.08.02
にほんブログ村 マタニティーブログへ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

35歳妊娠中の海です。3年間の不妊治療を経てようやく第一子妊娠…!しかし喜ぶ間もなく「つわり」でかなり苦しみました…。 このブログでは、つわり体験談や少しでもつわりを楽にする方法、マタニティグッズや妊娠準備などについて書いていきます^^ →詳しいプロフィールはこちら